慶應義塾大学 薬学部

通いやすく設備の整ったキャンパス

慶應義塾大学薬学部は、東京都港区にキャンパスを構えていて、都心の恵まれた立地条件にあります。

(参考記事)
http://www.yackarank.com/research/keiou.html
都会の雑踏から離れたところにありますので、落ち着いた雰囲気を持っていますが、都心ということで交通アクセスがとても便利なのがうれしいポイントです。
近くにアパートを借りるのも楽ですし、公共交通機関が充実していますので、少し遠くからでも楽に通えます。

また、キャンパス内には様々な研究施設が設けられていて、化学系、また医学系の最新設備が導入されています。
専門的な研究を行うのにも、実際の医療現場の様子に通じるのにも適していますので、より深い教育を受けることができるでしょう。

さらに、一年生の間は他の学部と一緒に、基礎課程を学ぶことができますので、高度な基礎教養を学ぶことになります。
このカリキュラムによって、より多くの学生と知り会う機会を持つことができて、大学にいる時間を充実させることにもつながります。

名門校だけある実績の高さ

慶應義塾大学は、日本全国にその名を知られた名門校です。
名前だけでなく実も伴っていて、層の厚い教育がなされています。
そのため、国家試験の合格率も平均して高めですし、伝統ある大学の雰囲気から学べることも多いので、優秀な人材が多数育っています。
こうした背景から、ここを出た学生の就職率の高さや、就職先のレベルの高さなどには定評があります。
将来にも役立つ実績をここで身に着けることができるのです。

名門校であるがゆえ、日本全国からたくさんの学生が集まっています。
そのため、学生寮がしっかりと備えられているのもうれしいところです。
新しく建てられた寮施設もありますので、要チェックですね。

グローバルな人材を育てる下地がある

急速にグローバル化が進んでいる現在、大学教育においても国際的なセンスや経験を積むことは大事です。
慶應義塾大学薬学部でも、積極的に留学を勧めたり、休暇期間を用いた短期研修などを行ったりしていて、グローバルな人材を育てる制度を設けています。

また、この大学自体でも1,000人以上の留学生を世界各国から受け入れていますので、いろいろな背景を学生と知り合うことができるのも魅力の1つです。
単に薬学について学ぶだけでなく、人生の深みと広がりをもたせてくれる大学教育を受けられるのがメリットと言えるでしょう。

こうした理念に基づいて、薬学部の教育も幅広い知識や能力を身につけられるよう、様々な異なるアングルから研究を行っています。
応用力が高く、どの分野においても通用する優秀な人材を育てる環境が整っているのが、この慶應義塾大学の自慢です。
伝統ある大学にふさわしい、厚みのある教育が提供されているとも言えるでしょう。