薬剤師のリーダー育成について

薬剤師のリーダー育成が必要な理由

薬剤師のリーダー育成というのは、今ではそれほど珍しくない対応となっています。

というのも、薬剤師が必要となってからすでに数十年という月日が流れているからです。
今まで、薬剤師というのは薬剤を調合する人として扱われてきました。
なので、人によっては転職する形で別の職場に移る、もしくは完全に別の職種に就くという人がいたのです。
今まではこのような対応も放任していました。
ですが、薬局、ドラッグストアの店舗数が1974年からの40年間で、安定して増加傾向にある状況のままです。

つまり、薬剤師のリーダー育成というのは、これから先の店舗を守っていく人を育て上げる行為に該当します。
中途でそのような人物を採用するという手もありますが、このような方法では一時的にリーダーとして活躍してくれるだけで、長期的に薬剤師のリーダーとして勤務してくれるのかは不明なのです。
そのため、当初から薬剤師のリーダー育成を行っていく方針が、今では多くの薬局、ドラッグストアで見られるようになりました。

これは、企業でいうところの「エリアマネージャー」を育成する行為と同じです。
企業の場合、エリアマネージャーがいることで将来的な会社の経営も安定するため、人材を育成しておくことで将来の不安が解消されます。
薬剤師のリーダー育成も同じで、今の段階で育てておかないと人員不足に悩まされる将来が浮き彫りになっているので、多くの業者で似たような対応が見られるようになりました。

その他の理由として、次世代のリーダー育成を考慮した結果、薬剤師がリーダーに相応しいという考え方も出てくるようになっています。
薬剤師はドラッグストアなどで経営者と一緒に会議を行うこともあれば、地域と密着する形で活動することもあります。
つまり、お店の看板として働いている薬剤師が多く、将来的にはエリアマネージャーとして店舗の経営者になる人がいても、それほど問題ではないという判断が下されているのです。

どんな人材が求められているのか?

リーダー育成に関して詳細の案内を行わせていただきますが、リーダー育成というのは頼れる人物の育成のことです。

つまり、リーダーとして勤務するだけでなく、部下などに対して指示を出せる人を育成するという意味合いで、薬剤師のリーダー育成が行われているのです。
そのため、通常の薬剤師として勤務するのではなく、薬剤師としての勤務以外も併せて学んでいけるような人が求められています。

要約すると、薬剤師としてのノウハウを保有している人で、且つ将来的にエリアマネージャーになっても問題無いと判断できる人物が、薬剤師のリーダー育成に最適な人物として求められているのです。