薬剤師になるには Rss

1年目の薬剤師としての心得

Filed Under (コラム) by on

1年目は辛い

薬剤師(1年目)としての心得として、1年目は辛いという考え方であり、現実があります。

薬剤師というと、給料が多いというイメージがありますが、それに伴う労力も求められます。
これは、ドラッグストア、病院で勤務する場合でも変わりません。
特に、薬剤師(1年目)としての心得は重要となってきます。
というのも、1年目は以下の面で辛いと感じる人が多いからです。

辛い理由その1は、今まで仕事を経験してこなかったので辛いと感じる人が多い・・・という理由があります。
誰にでも言えることですが、仕事というのは仕事を覚えるまで面倒と感じる人が多いものです。
なので、労力という面を軽く考えているようでは、薬剤師(1年目)としての心得は不十分と言えるでしょう。

辛い理由その2は、薬剤師としての仕事以外も任せられることが多い・・・という理由があります。
薬剤師というのは、薬剤の処方を行っている、管理している人のことを指しますが、どこの病院、ドラッグストアでも人が十二分に足りているということはありません。

なので、雑用が多くなる日もあることを知っておきましょう。
このことを知らないで薬剤師として勤務していると、薬剤師(1年目)としての心得が不十分なだけでなく、コミュニケーション能力が無いと判断されることもあります。

薬剤師というのは、想像以上にハードワークである一面もあるので、雑用も含めて人付き合いを意識していったほうが良いでしょう。

辛い理由その3に、隣の芝生は青く見える・・・という理由があります。
つまり、他の勤務先で勤務している薬剤師は、自分より良い環境にいるように感じてしまうのです。

このような精神面の辛さも知っておかないと薬剤師としては通用しません。
薬剤師は、勤務はじめの給料が多いという以外では、意外と恵まれた環境で仕事できないこともあります。
つまり、良い環境に配属されることを意識する、願うというのも薬剤師(1年目)としての心得なのです。

人付き合いを率先する

薬剤師(1年目)としての心得にストレスを緩和させるというものがあります。

これは、コミュニケーション能力を鍛えあげるという意味だと思ってください。
薬剤師は、最低限の付き合いでも仕事をこなせます。
ですが、薬剤師(1年目)としての心得の中には、付き合いを増やしていく必要があるという考え方もあり、人付き合いを率先して行わないと薬剤師として大成できない・・・という考え方もあるのです。

多くの人から頼りにされる職業でもあるので、自分は新米・・・という考えで萎縮する必要は無いでしょう。
そのような考えでは、いつまで経っても薬剤師(1年目)としての心得が身につきません。